日本での美容外科の歴史上、美容外科が「由緒正しい医…

日本での美容外科の歴史上、美容外科が「由緒正しい医療分野」との見識を獲得するまでに、思いのほか時間が必要だった。

化粧品の力を借りてエイジング対策「老け顔」大脱出キャンペーン!あなたの肌質をきちんと把握して、自分にぴったりの基礎化粧品を選び、きちんとケアして「老け顔」とお別れしましょう。

思春期ではないのに出現する、治りにくい“大人のニキビ”の症例がじわじわと増加している。10年という長い間こういった大人のニキビに困っている方々が専門の医院にやってきている。

私たちが「デトックス」に心惹かれる理由の一つは、日本人が暮らしている環境の悪化だろう。大気や土壌は化学物質で汚染され、果物などの食物には化学肥料や害虫予防の農薬がたっぷり使用されていると言われている。

細胞が分裂する働きを促進して、皮膚を再生させる成長ホルモンは明るい時間帯の活動している際には出なくて、夕飯を済ませて身体を休めくつろいだ状態で分泌されるからです。

慢性的な睡眠不足は皮膚にはどんな悪影響を与えるのかお分かりですか?その答えは肌の新陳代謝が遅延すること。健康なら28日単位である皮膚の入れ替わりが遅れてしまうのです。

掻痒などに悩まされるアトピー性皮膚炎の主因として、1.腸内や皮膚、肺、口腔内等における細菌叢、2.遺伝、3.栄養面での素因、4.環境面での要因、5.それ以外の要素の考え方などが挙げられるだろう。

ヒアルロン酸(hyaluronic acid)は細胞間に多数存在しており、優れた水分保持力や緩衝材の効果によって大切な細胞を防護していますが、加齢とともに体内のヒアルロン酸はどんどん減るのです。

美白という美容法は2000年より少し前に美容家の鈴木その子が推奨して人気に火が付いたが、それよりももっと前からメラニンが原因の様々な皮膚トラブル対策に使用されていたようだ。

身体に歪みが発生すると、内臓は互いに押し合い、他の臓器も引っ張り合ってしまった結果、位置異常、臓器の変形、血液・細胞の組織液・ホルモンの分泌にも望ましくない影響をもたらすのです。

なんとかしたいと思った挙句に自己流マッサージをしてしまう人がいらっしゃいますが、目の下の皮膚は薄くて敏感なので、雑にゴシゴシと大雑把な粗っぽいフェイシャルマッサージは不適当です。

デトックスというものは、人間の身体の中に澱のように溜まった不要な毒素を排除させるというシンプルな健康法でカテゴリーとしては代替医療に分けられている。「detoxification(解毒)」の短縮形であり、本来は肝機能にまつわる言葉である。

どこにも問題のない健康な体にも起こるむくみだが、これは当然のこと。ことさら女の人は、脚のふくらはぎのむくみを気にするようだが、二足歩行の人間であれば、下半身が浮腫んでしまうのはいたしかたのない状態なので気にしなくても良いのである。

深夜残業、飲み会、深夜に及ぶスポーツ中継・翌日の家族のお弁当やご飯の下準備…。皮膚が荒れるということは分かっていても、日々の生活では理想とされる8時間もの睡眠を取れない方が多いのは明らかです。

女性誌や美容の書籍には、顔が小さくなる、肌が美しくなる、痩身効果があるし、デトックス作用がある、免疫力の増進など、リンパの流れを良くすればすべて思い通りにいく!などという謳い文句が掲載されている。