意識していなくてもパソコンのモニターに見入ってしま…

意識していなくてもパソコンのモニターに見入ってしまって、眉間に縦じわ、なおかつ口角の下がったへの字(余談ではありますが、私はシルエットがそっくりなので「富士山口」と勝手に名付けています)をしていませんか?これはお肌にとって最悪です。

もう一つ、肌の弛みに大きく関係しているのが表情筋。色んな表情を作る顔の筋肉のことです。皮膚のコラーゲンと同じように、この筋肉の機能も加齢に従い鈍化してしまうのです。

化粧の欠点:泣く時にまさしく阿修羅のような怖い顔になる。ちょっとだけ間違えると派手になったり台無しになる。素顔をごまかすのにも限界というものがある。

あなたは、果たしてご自分の内臓が健康だと断言できる自信があるのでしょうか?“なかなか痩せない”“肌が荒れる”といった美容に関するトラブルにも、意外に思われるかもしれませんが内臓が健康かどうかが深く関係しています!

形成外科とは異なって美容外科が健康体に医師が外科的処置をおこなうという美意識重視の医療行為であるにも関わらず、結局は安全への意識が万全ではなかったことが大きな誘因としてあるのだ。

残業、会社の飲み会、仕事の付き合い、見逃せない深夜のスポーツ中継・翌日の子どものお弁当作りや食事の支度…。皮膚に良くないというのを分かっていても、実のところ満足できるだけの睡眠を取れない人が大半を占めると思います。

湿疹や掻痒が特徴のアトピーとは「限定されていない場所」という意味を持つアトポスというギリシャ語が語源で、「遺伝的な素因を保有した人に発症する即時型のアレルギーに基づく病気」のこととして名付けられたのである。

アイラインやマスカラなどのアイメイクを落とすときにメイクをしっかり落とそうとしてゴシゴシこすって洗い続けていると目の周りの肌が傷ついたり腫れるなどの炎症を起こして色素沈着してしまい、目の下の茶色いくまの一因になるのです。

美容外科(cosmetic surgery)とは、とどのつまり外科学の一分野で、医療に主眼を置いた形成外科(plastic and reconstructive surgery)とは違うものである。更に、整形外科学とも間違われやすいのだがこれとはまったく分野の異なるものだ。

ダイエットで一躍名を馳せたデトックスとは、人間の身体の中に澱のように蓄積されたありとあらゆる毒素を体外に排出させるという新しい概念の健康法でダイエット法というよりも代替医療に区分けされている。「取り除く」という意味を持つ「detoxification」の短縮形であり、本来は肝機能にまつわる言葉である。

よく聞くピーリングとは、古くなってしまった不要な角質層を専用化粧品などでピール(peel:皮をはぐの意味)することで、まだ新しくてきれいな表皮に取り替えようとするシンプルな美容法です。

スポーツなどで汗をかいて体内の水分の量が著しく少なくなると自然に尿量が減らされて代わりに汗のための水分が蓄えられるため、この過剰な水分こそが結果としてむくみの原因になります。

細胞が分裂する活動を促進して、皮ふを再生する成長ホルモンは日中の仕事や勉強などの活動中は出なくて、暗くなってからゆったり身体を休めくつろいだ状態で分泌されるからです。

何れにせよ乾燥肌が日々の生活や周辺の環境に深く関係しているのなら、普段のちょっとした身辺の慣習に注意するだけである程度肌のトラブルは解消すると思います。

スカルプは顔のお肌につながっているため、額もスカルプとほとんど同じと捉えるのを知っていますか。老化に従いスカルプが弛んでくると、その下にあるフェイスラインのたるみの主因となってしまいます。