メイクの良いところ:メイク後は自分の顔立ちをいつも…

メイクの良いところ:メイク後は自分の顔立ちをいつもより好きになれる。顔にたくさん存在する面皰跡・クスミ・毛穴・ソバカス・傷を隠すことが可能。だんだんと美しくなっていくという高揚感。

アトピー性皮膚炎(あとぴーせいひふえん、atopic dermatitis)をお薬の力だけで良くしようというのには残念ながら幾分無理があります。生活習慣や楽しめることなど生活全ての捉え方まで把握するような処置が重要です。

容姿を装うことで精神が元気になり豊かさが生まれるのは、顔に悩みを抱えている人もいない人も変わりはありません。リハビリメイクは自分の内から元気を発見する最良の手段だと思っています。

肌が乾燥する素因の一つであるセラミドと皮脂の下落は、アトピーなど先天性のものと、逃れようのない年齢や化粧品や洗浄料による後天的な要素にちなんだものの2種類があります。

審美歯科(しんびしか)というのは、美に主軸を据えたトータルな歯科医療の分野。歯の務める役目には機能的な一面と、清潔感を与えるなど審美的な側面があり、双方健康という目で見ればとても重要な要素だと考えることができる。

湿疹や掻痒に悩まされるアトピー性皮膚炎の要因としては、1.腸内・表皮・肺・口腔内などのフローラ(細菌叢)、2.遺伝的な問題、3.栄養面での要因、4.住環境、5.1~4以外の見方が主に挙げられる。

特に寝る前の歯磨きは大事。歯の表面に付着した“蓄積くすみ”を取り除くため、夜はちゃんと歯をブラッシングすることをおすすめします。しかし、歯みがきは回数ではないので、クオリティに気を付けることが大事だといえるでしょう。

トレチノイン酸(オールトランスレチノイン酸)治療は、濃色のシミを数週間という短期間で淡色に見せるのに実に適している治療法で、40代以降にみられる老人性色素斑(老人性しみ)・光治療の効かない炎症後色素沈着(PIH)・女性に多くみられる肝斑(かんぱん)・にきび跡などに使われます。

屋外でUVを浴びたときにできるだけ肌のダメージを抑える方法は3つ。1.日焼けした部分を冷やす2.普段より多めにスキンケアローションをパッティングしてきちんと潤いを保持させる3.シミ予防のためにも捲れてきた皮をむいては駄目

美容成分としても名高いヒアルロン酸はヒトの細胞と細胞の隙間に多く含まれており、水分を保持したり衝撃を吸収するクッションの役割を担って細胞をガードしていますが、加齢とともに体内のヒアルロン酸は年々少なくなっていきます。

メイクアップの短所:ランチタイムには化粧直しをする必要がある。メイクを落としてすっぴんに戻った時のギャップ。化粧品の費用がかさむ。すっぴんだと家から出られない強迫観念のような思い込み。

中でも夜10時~2時までの240分間は皮膚のゴールデンタイムと言われ、肌の生まれ変わりが一層活性化します。この22時から深夜2時の間に睡眠を取ることが最も有効なスキンケアの要だといえます。

美白化粧品だということを容器などでPRするためには、薬事法の管轄である厚生労働省の認可が下りている美白有効物質(よくあるのはアルブチン、コウジ酸等)が混ぜられている必要があるそうです。

早寝早起きと並行して7日間で2、3回楽しい事をすると、健康度は上昇すると言われています。こんなケースも起こりますので、アトピー性皮膚炎の患者さんは皮膚科のクリニックを受診するようにしましょう。

リハビリメイク(Rehabilitation Makeup)という造語には、体に損傷を被ってしまった人のリハビリと同様に、顔などの容貌にダメージを被った人が新たな社会生活を送るために身につける技量という側面があるのです。