アトピーの因子:家族歴と次の既往歴(気管支喘息、ア…

アトピーの因子:家族歴と次の既往歴(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー性皮膚炎(atopic dermatitis)のうち一種、もしくは2つ以上)、IgE 抗体を生成しやすい誘因、など。

本来ヒアルロン酸(hyaluronic acid)は人間の細胞と細胞の隙間に多く存在しており、保湿やクッション材の作用で細胞をガードしていますが、加齢とともに体内のヒアルロン酸は年々減ります。

美容外科(Cosmetic Surgery)とは、ヒトの体の機能上の欠損や変形を修正するよりも、専ら美意識に従って人間の身体の外観の向上を重視する医療の一つで、独自性を持った標榜科のひとつである。

美容とは、顔の化粧や結髪、服飾などの方法によって容貌や容姿を更に美しくするために形づくることを言う。この言葉、江戸時代には化粧(けわい)と同様に使用されていたそうだ。

心臓から離れている下半身は、重力が絡むことによってリンパ液が悪くなることが一般的だ。むしろ下半身がむくむのは、リンパ液が少し滞留していますよというしるし程度に捉えたほうがよいだろう。

美容外科(plastic surgery)は、正統な外科学の中の一つであり、医療に主軸を据えている形成外科(plastic surgery、plastic…形を作るの意)とは異質のものである。また、整形外科学とも混同されがちだがこれとは全く分野の違うものである。

美容外科医による手術を受けたことに対して、人には言えないという感覚を抱いてしまう人も多いため、手術を受けた方のプライドや個人情報を冒さないように気遣いが必要だといえる。

押すと返してくるのが弾むような肌のハリ。これを保っているのは、お馴染のコラーゲンなのです。スプリングの役目をするコラーゲンが十分に皮膚を支えていれば、肌は弛みとは無縁でいられるわけです。

20代、30代になってからできる難治性の“大人のニキビ”の女性が増加傾向にある。10年以上しつこい大人のニキビに苦痛を感じている患者さんが皮膚科のクリニックの門をたたいている。

健康的できれいな歯をキープするために、歯を1本1本丁寧に磨いてあげることを大切に。歯磨き粉のキメ細やかな泡とソフトな毛先のブラシを用いて、心を込めたお手入れをすることが理想的です。

健康な人間にみられるむくみだが、これは自然なこと。ことさら女の人は、夕方の脹脛のむくみを嫌がるが、ヒトなら、下半身のむくみはまっとうな状態なのだ。

皮膚の若々しさを保持するターンオーバー、換言すると皮膚が生まれ変わることが可能なタイミングというのは案外限定されていて、夜に寝ている間だけだそうです。

肌の細胞分裂を活発にして、皮ふを再生させる成長ホルモンは日中の仕事や勉強などの活動している時にはほぼ出なくて、暗くなってからゆったり体を休めくつろいでいる状態で分泌されると言われています。

審美歯科(esthetic dentistry)とは、美しさに重きを置いたトータルな歯科医療分野のこと。歯の持つ役割には咀嚼などの機能面と清潔感を与えるなど審美的な側面があり、両方とも健康という目で見ればとても重要な要素なのだ。

「デトックス」法に危険性や問題点は無いと言えるのだろうか。だいたい、体内に蓄積される毒というのは一体どのようなもので、その毒素は果たして「デトックス」によって流せるのか?